サイトメニュー

美容整形術のお金について

医者と看護師

費用を安くする方法がある

美容整形を受ける場合は保険適用ではないので、全額自費になります。手術を行う美容整形術よりもボトックス治療は安く、副作用の心配はない薬剤なので安心感から選択される方は増えている治療です。ボトックス治療は全額自費になりますが、そもそもの料金設定は自由診療なのでクリニック毎に違いがあります。自由に設定してよい事になっていますが、あまりに高額だと利用する方が少なくなり収益を上げ難くなります。その為、全国平均から大きく外れる設定をしているクリニックはありません。どのクリニックも1部位2万円から6万円になっています。この様に費用に差が出ているのは、部位毎に設定金額が異なるからです。また状態によっては希望を叶える為に注入量を増やす判断がされる事もあります。当然薬剤の注入量が増えれば金額も多少上乗せされます。ボトックス治療に使用される薬剤には正規品であるアラガン社製とジェネリックがあります。ジェネリックを選択すると、正規品より安いので2万円から6万円よりも費用を抑える事は可能です。ただしジェネリックは副作用がない事や安全性を厚生労働省に認められていません。ボトックス注射治療を受ける費用は2万円から6万円が全国平均です。この費用を安くする方法としてジェネリック薬剤を選択する方法がありますが、それ以外にも方法があります。保険適用ではないので自由診療であるボトックス治療では、病院の様に費用は決められていません。また営業を行っても良いので、各クリニックで割引特典を設けても良い事になっています。施術を受ける場合はお試しで受ける事は難しいのですが、期間限定のキャンペーンを活用する事で普段より安く試す事ができます。期間限定のキャンペーンは各クリニックのホームページで確認でき、もしもそのクリニックの会員ならメールで知る事ができます。部位は限定されている事が多いですが、1部位9000円程で試せます。これを活用して納得できれば違う部位の治療をする際の選択肢に入るでしょう。ジェネリック薬剤のキャンペーンもあり、その場合はさらに安く活用できます。副作用については日本では安全性が認められていませんが、クリニックで十分な説明を受ける事ができます。副作用として施術後に腫れたり赤みが出たりする事が多いのですが、安全で問題が起きていないジェネリック薬剤も多いです。クリニックも安全性については十分に配慮しています。